Blogブログ

最新の試合情報や、当チームのトレンド情報をお伝えします。

第60回JABA富山大会

第60回JABA富山大会が4月13日より行われ、福井ミリオンドリームズは14日に2回戦から登場しました。

毎年この大会がシーズン最初の大会となっており今シーズンを占うにも大事な大会となっています。

初戦の相手は13日に県警桃太郎(兵庫)を倒した富山ベースボールクラブ。
同じ北信越地区の代表で今シーズンの大会も戦わなければいけない相手でもあり
闘いづらい印象を与えたい試合です。

試合は先輩の上山が初回を3者凡退に抑え上場の立ち上がり。
昨年新加入の上山 大会初登板
その勢いのまま1回裏の攻撃では2アウトから杉田、大野、檀野、林の4連打で2点を先取。
先制点を奪うことに成功しました。
追加点となる2点目のタイムリーを放った林
しかし、2巡目に入った3回に上山が連打を浴び4失点。
5回にも1点を追加され2-5と追う形で後半を迎えます。

5回途中から代わった山田の好投もあり守備からいいリズムを
作り出すことができ、6回と7回には1点ずつを取り4-5の1点差まで詰め寄ります。
5回途中からマウンドに上がった山田

このまま反撃と行きたかった所ではありますが、得点をした後の8回表。
ノーアウト一塁二塁の場面。このピンチを山田はセカンドゴロの併殺打に仕留めます。
しかし、二塁走者が三塁を大きく飛び出しており、ファーストの長屋がサードに送球。
その送球が暴投となり、その間にランナーが生還。終盤に大きな1点をミスで与えてしまいました。4-6に。

その後の8回、9回の攻撃は塁にランナーを出すことが出来ず、結局4-6のまま負けとなってしまいました。

富山ベースボールクラブ(富山市)
  004010010=6
  200001100=4
福井ミリオンドリームズ(福井市)
 (富)小山田-砂
 (福)上山、山田-上田
▽二塁打 砂、高森貴、相山、知原(富)上田、藤田(福)
 
チャンスの場面での一本。ここぞという場面での失点を防げるようなチーム作りをしていき次の都市対抗予選に準備していきたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事